【はじめしゃちょーのアメリカ留学は嘘!?】非難の理由は?皆の真理をつくよ

本日はじめしゃちょーが3年間アメリカに留学するいう内容の動画がアップされました。

Twitterで以下の意味深なツイートをしており、すでに旅だったのかな!?

留学の目的は、

  1. 英語力アップ
  2. 映像関係の知識とスキルアップ

よく思うのですが、はじめしゃちょーって”本当に行動力ありますよね!”

先を見据えて、今自分が持っている資本で「何がしたくて、何ができるのか?」そして、それを実際に実行する行動力は素晴らしいと思います。

さて動画の中で、はじめしゃちょー自身はアメリカに3年間行くとしか言っていませんでした。

しかしマサキさんがビデオレターで、あるヒントをこぼしてくれました。

「ロサンゼルスで・・・」

はじめしゃちょーの留学先は、アメリカのロサンゼルス

はじめしゃちょーの語学力で、英語と映像の勉強が両方できる学校は限られています。

ネットで探してみた結果ここが有力ではないでしょうか?

ISMP

はじめしゃちょー 留学 学校

ISMPとはインターナショナル・スクール・オブ・モーション・ピクチャーズの略で、日本語で学べるフィルムスクールです。

映画の本場”ハリウッド”で映像技術だけでなく、英語も学べる日本人向けの専門学校といった感じですね。初級クラスでは日本語を使った授業形式なので、英語が苦手な人でも入学可能というわけです。

  •  将来、アメリカの映画業界で働きたい人
  •  実際にアメリカで活躍している映画クリエーターの生の言葉を聴きたい人
  •  本場にいながらも日本語で映画制作を学びたい人
  •  本場の映画制作技術を日本の映画業界で活かしたい人
  •  スクールを経て、アメリカの大学の映画学部に進学したい人

という目的を持った日本人が多く通っています。

はじめしゃちょー 留学

ISMPには、

  • JFKでアカデミー賞を受賞したピエトロ・スカリア。
  • リドリー・スコット監督作品やその他ハリウッド作品にも20本以上編集を務めている横山智佐子さん。
  • グッドウィルハンティング、ハンニバル、アメリカン・ギャングスター等の作品、その他、紀里谷和明監督のキャシャーンやGOEMONなどの日本映画の編集も勤めた現役映像ディレクタ−。

たちが関わっており、一般的な理論だけでなく、映像に対する姿勢や物事の考え方なども深く学べそうですね。また人脈も強く、様々な体験ができそうな学校です。

アメリカの学校は理論と実践のバランスが良く、社会で使えるスキルを磨くことができます。はじめしゃちょーの3年後が楽しみですね♪

⇒ISMPの公式ホームページを見てみる。

嘘だったんかい!!

ドッキリだった様ですね。

個人的に正直ガッカリしました。

嘘を付いたことにガッカリしているのではありません。

アメリカ留学をしないんだという事実にガッカリしています。

私自身、はじめしゃちょーの動画は好きで頻繁に視聴していますが、最近マンネリ感ありますよね。これははじめしゃちょー限ったことではありませんが、Youtuber全体が小さな工夫で面白さや映像技術で競っている感じがします。

そのような状況下で、はじめしゃちょーが外国の地に行き、大きな可能性を広げる選択をし、我々視聴者にさらに面白い動画を見せてくれるのではないかと期待していたのですが・・・

“またいつものような動画になるのかぁー・・・”

と私はガッカリしてしまいました。

とはいえ、日本でも進化しようと努力はしていると思うので、応援したいと思います!

スポンサーリンク