【嫌婚派の特徴と婚活方法】結婚したいくない女性の私が婚活してみた

嫌婚派の特徴

結婚しようと思わない「嫌婚」を貫く男女がいます。嫌婚派の多くは趣味や仕事を大事にし、恋愛に時間をかけません。そのため恋愛に消極的と言われることが多いです。経済的に余裕がないわけではなく、結婚の必要性を強く、身近に感じていないのです。

国立社会保障の人口問題研究所の出生動向基本調査団、アエラ、社会学者の水無田さんの共同調査によると、嫌婚派の人々には以下の特徴があることが判明しました。

●結婚しようと思わない嫌婚派の理由を調査した結果、最も多かった理由は「結婚生活よりも趣味を優先したい(34%)」。続いて、「現在の結婚制度が自分に合わない」、「仕事を優先したい」などが続き、「結婚資金が足りない」は10%だった。経済的なことが主な理由ではない。

●嫌婚派は恋愛には消極的・保守的でありながら、結婚後の生活については、従来の性的役割分業にとらわれないリベラルな感覚を持っているのも印象的。

●男性の嫌婚は「自己防衛本能」からきているのではないか。昭和の亭主関白夫のようにはいかず、小遣いを切り詰められたり趣味を制限されたりと、結婚相手によっては生活の質がガクンと落ちるリスクがある。

●嫌婚派は親が築いた家庭に憧れないと答えた人が7割に上った。憧れない理由を聞くと「両親のような夫婦像が自分には合わないから」が半数に近かった。

心の奥底から恋愛や結婚を否定しない生き方をすると、恋愛も結婚もしたくなります!

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e5%a5%b3%e6%80%a7

ここでは、自分は嫌婚派だけど結婚はした方がいいと感じている。しかし結婚をしたいと思わず悩んでいたり、表面的には婚活をしつつも心の奥で恋愛や結婚に対して否定的な人々に向けた、

「嫌婚派の婚活方法」

をご紹介します。

独身を貫き通すという選択肢も否定はしません。

成果の見える趣味や仕事を好んでいる人達にとって、はっきりした成果や成功の見えない恋愛は、費用対効果を考えた時にメリットを感じないかもしれません。しかし、結婚によって得られる安心感は何物にも代え難く、いざという時に誰かが側にいて支えてくれるのは、とても有り難い事です。

体力や好奇心のあるうちはそれで楽しいかもしれませんが、年とともに親の介護や自分の病気と向き合わなくてはいけなくなったり、誰も頼る人がいなくなった、その時に結婚をしたいと思っても既に遅いのです。

嫌婚派の婚活方法とは?

%e5%ab%8c%e5%a9%9a

嫌婚派は、恋愛を求めていないため、基本的に待ちの姿勢が多く、自分の理想とする相手が現れない限り、自分からアクションや試みをしようとしません。

先ほどの共同調査において、

「付き合っている人がいないから結婚しようと思わないのか?」or「それとも結婚しようと思わないから恋愛しようと思わないのか?」

の疑問も明らかになりました。

嫌婚派はの6割は「理想の相手なら付き合いたい」とアンケートに答えており、「恋愛したくない」という人は3割近く。その理由を聞くと、嫌婚派は、仕事や趣味に忙しく恋愛にかける時間や余裕がないというよりも、「恋愛がわずらわしい」と答える人が多く、男性52%、女性71%に上った。「恋愛がわずらわしいというのは、恋愛や結婚のハードルを高く設定しすぎて、選り好みが強くなり、よほど理想的な相手でない限りは挑戦しようとしないから。草食系なのではなく『美食系』。女性は白馬の王子様をいつまでも待ち続けているし、男性のほうも理想の白雪姫が起きてくるのをただ待っているのです。

つまり、白馬の王子様を待ち続けている状態なのです。

周りからの紹介やお見合いの風習がすたれてきた現代では、自分から婚活をしない限り、恋愛や結婚とは無縁の人生を送る確率が高まります。待ちの姿勢と高くつり上がった理想のせいで、現実を真摯に受け止める事が出来なくなり、その時にはもう周りからの声も届かなくなり、手を差し伸べてくれる人さえもいなくなります。

そこで、まず今持っている自分の恋愛観や結婚観に対するネガティブな感情を捨て、自らご縁を探すべく行動を始めると良いです。そして巡ってきた1つ1つの出会いを大切に受け止めるようにします。

1番大切な事は、人生常に理想だけを追い求めるという生き方を止め、現実を見つめ直すことです。

これまで婚活をしてこなかった人にとっても、表面だけの婚活をしてきた人にとっても、繰り返しだけの人生に足を止め、新たな一歩を踏み出す事で、今後の人生が大きく変わります。

嫌婚の人のおすすめしたい婚活

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%ab%8c%e3%81%a0

実際に、若いうちは婚活をする時間も体力も確保出来ますが、徐々にその余裕がなくなっていきます。

そのため出来るだけ早いうちから”婚活を始めてみる、異性と繋がってみましょう”。

私の友人である表面だけの婚活を続けてきた女性は、理想が上がり、恋人すら作れなくなってしまいました。本人は、いい人がいないというのですが、現実的にはもう誰からも選ばれなくなってしまったのです。

以下の関連記事は、嫌婚派だった私が実際に婚活をしてみた体験談です。気になった方はチェックしててください↓

30代女性の私が婚活パーティー、お見合いパーティーに行ってみた

2016.09.19

恋愛も結婚も、始めたいと思った時にいつでも出来るというものではなく、本気でしたいと思う時期が遅れれば遅れるほど、ハードルが高いものになっていきます。一生独身を貫く事に否定はしませんが、後悔しない為には今1度あなたの本当に望む声に耳を傾けてほしいと思います。

仕事や趣味にかける時間もいいけど、残りの人生結婚して家庭を持ってみるのも悪くはありません。独身生活を楽しんでいたり、結婚しなくても特に困る理由のない人にとっては、結婚は人生の墓場と思われがちです。でも、結婚生活には独身生活では得られなかった幸せも沢山あるのです。残りの人生、お互いに支え合えるパートナーと一緒に生きてみませんか。

スポンサーリンク