【広島市で一番大きい本屋さんは?】蔵書数も広島で一番!

本屋って行くだけで楽しいですよね。

買いたい本が無くても、ふらっと立ち寄って、

「おもしろそうな本あるかな~?」

「何の新刊が出てるのかな~?」

と見て回るだけでも楽しめる場所であり、さらに静かな雰囲気も良く、落ち着く空間がやみつきになっちゃいます。

今回ここでは広島市で一番大きな本屋さん&蔵書数が最も多い本屋さんを1店舗紹介します。

広島市で一番大きい本屋さん&蔵書数が最も多い本屋さん

広島市 本屋

丸善と専門書の品揃えに定評のあるジュンク堂書店がコラボした本屋さんで、広島最大級となる7,8Fの2フロア1,200坪・約120万冊の圧倒的な品揃えが魅力です。

「この本屋さんに行けば、必ず探している本やおもしろそうと思える本に出会えるでしょう」

専門書のみならず、趣味・実用の棚も多いのが驚きで、奥深さを感じます。

<<丸善 ジュンク堂書店>>

edku

住所: 〒730-8540 広島県広島市中区胡町5−22 天満屋八丁堀ビル7・8F

電話番号:082-504-6210

営業時間:午前10時~午後10時

ホームページ:天満屋八丁堀ビル

場所

読書に少しでも興味がある人へ

読書をしてみたいと思いつつ、今まであまり経験がないからどうしていいか分からないという人がいるのではないでしょうか。これは、そんな人のための内容です。興味があるなら、読まないといつか損をしたと思うかもしれません。

実践すれば、きっと自分に合う本が見つかりますし、読書が楽しくなるかもしれません。何事も経験です。

まずはやってみましょう♪

まず色々読んでみる

まず、どんなきっかけでもいいからとりあえず本を手にとってみてください。タイトルに惹かれた、作者が有名な人だった、装丁が好みだったなど、何でも良いと思います。そして読んでみて、面白いと思ったらその作者の別の本を読んでみたり、同じようなジャンルの本を読んでいけば、だんだん自分に合う本が分かってきます。

ですが、たまには読みにくい本があったり、自分に合わないと感じるものもでてきます。

そういうときは、ここまで読むと決めて読んでみましょう。ある程度読むとだんだん面白いと感じてくる場合もあります。それでも読みにくいと思ったら、1度お休みしてみるというのも良いと思います。

ある程度の期間が経った頃に改めて読んでみれば、もしかしたらそのときは面白いと感じるかもしれません。1度読み始めたら最後まで読まなければいけない気がしてしまいますが、自分に合わない本というのはどうしても存在します。

そういうときは、決断を下すことも必要です。そして、改めて新しい本を探すのです。そうやっていくうちに、自分の好みがだんだんと分かるようになっていくのです。

私は子供の頃かなり本を読んでいたのですが、いつの間にか読まなくなってしまいました。ですが、あるとき急に読みたくなりました。しかし、長い期間読んでいなかったせいか、どんな本を好むのかすっかり忘れてしまっていたのです。

それでも、そのときの私はとにかく本が読みたかったので、なんとなく自分の好きそうな本を選んでいました。そうやって私は色々な本を読み漁り、今では好みがなんとなく分かっています。

それは、ミステリーです。

昔も読んでいましたが、今の方がずっと好きですね。今読んでいる本のジャンルとしては、8割がミステリーで残りの2割が恋愛とホッコリ系だと思います。

ですが、それは色々読んだから分かったことです。読まなかったら、全く分からなかったと思います。ですので、手当たり次第に読み漁って良かったです。

読書は、エネルギーを使います。ときには疲れることもあるかもしれません。ですが、好みの本にドンピシャだったときの快感は、しばらく忘れることが出来ません。思った以上にずっと面白かったときも嬉しいものです。

こういうのは、たくさん読まないとどうしても分かりません。ですので、読書に興味があるならとにかくたくさん読んでみましょう。そうすれば、自分の好きなものがきっと分かります。

スポンサーリンク