【短期ですぐ怒る彼女の話】暴力的な彼女の機嫌を直す方法

私と彼女は数ヶ月に1度のタイミングで大喧嘩をするのですが、その際に彼女がキレると暴力的になります。

具体的に何をするのかというと、

  • 手でつかれる(=手のひらで体を押されたり、たたかれる)
  • 物を投げる
  • ドアを大きな音で閉める

などです。

これまでの最大な喧嘩は、酔っぱらってウザい絡みをしてきた彼女に私が怒ったら彼女も怒り出し、最終的に瓶のウイスキーボトル1本と、エナジードリンク1本を私の近くに投げつけてきたことがありました。飛び散った破片により、足が出血しました。(←後片付けが本当に大変でした…)

力勝負をすると私の方が勝る自信があり、また傷を負わせるような暴力は前述した1回のみなので、怖いという感覚はありません。

ただ”もう30代なんだし、口論だけで解決しようよ”と感じてしまいます。あ、感じてしまいますではなく、怒ってしまいますの方が正しいです。

「なんですぐ暴力的にキレるんだよ!」

と私も怒ってしまいます。私から暴力をふるったことは一度もありませんが。

そのため、なんとかならないかと解決策を考えてみました。

理性が本能に勝てなくなる動物的な彼女

暴力 彼女

以前怒っていない状態の時に、彼女に「キレると暴力的になるのは止めろ」と注意したことがあるのですが、「だって止められないんだもん。キレた私はコントロール不可能」と開き直った返答をしてきました。

これは非常にやっかい・・・。

そのため私は暴力的な彼女の行動はすぐには解決しないと判断し、どうやってキレて暴力的になろうとする彼女(=暴力的になる前の彼女)を鎮静化できるかという方法に的を絞り、解決策を考え、何度か実験をしてみました。

その結果、

『彼女にとって気持ち良い流れで屈服する』

方法が一番効果的だと分かりました。

喧嘩をする際は、はじめに必ず口論があります。

その際に以下の流れに沿って会話を進めていきます。

1.軽くやり合う

まずボクシングで言うジョブほどの軽いパンチ(=言葉)をかまします。

ここでポイントなのは、怒鳴ったり、自分が絶対に正しいんだという表現の言葉は発しないことです。なぜならこの後屈服する流れが不自然になるからです。あんなに怒っていたのに、自分が100%正しいみたいな発言をしていたのに、なぜ自分からあっさり引き下がるの?と相手に勘づかれます。

また、はじめから「もういいよ、ごめんね」とリングから逃げ去る行為も、逆に彼女の怒りを逆なでますので注意しましょう。

2.徐々に口数を減らし、論破される

手数(=言いかえす言葉)を減らしていき、相手の意見に同意していきます。

こちらが手数を減らすと、相手は逆に勝つ(論破する)ために手数が多くなってきます。その時、変な言いがかりや、不合理なことを言われても必ず否定しないこと。最終的には「うん・・・」、「たしかに・・・」、「そうだね・・・」などの一言だけを発し、論破されたような印象を与えましょう。

ここでのポイントは、何も言いかえせないような印象を与えるため、”下を向く、うつむき加減になる”のがポイントです!

3.ごめんの一言

彼女が一通りスッキリするまで話させたら、「ごめん」と一言謝りましょう。口数が少なくなってきたら、スッキリポイントが近いです。

これで彼女の怒りを完全に静めることができます。

このように、キレると本能的な動物状態になる彼女を即座に静めるには、”屈服”するのが一番の方法だと判明しました。

彼女に勝たせてあげるのです…あなたの演技で。

将来、結婚を考えている人にとっては根本的に何も解決しない方法なので、役に立たないかもしれませんが、一時的な処方としては効果的です。

彼女がイライラした時に、自分もイライラしてはいけない

%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e7%9f%ad%e6%b0%97

他の方の体験記です。短気の女性からです。

好きな人と気持ちが通じ合うのは、誰でも嬉しいものです。

しかし、長く交際していく中でどうしても気持ちがすれ違っていく事があります。

私が以前の彼氏と付き合っていた時は、彼と旅行に行くと毎回喧嘩をしていました。例えば、私の旅先での買い物の時間が長いと彼がイライラしていました。旅行に行く時は、電車のチケットやホテルの予約などをほとんど私がしていました。彼にイライラされると、「旅行の準備を頑張ってしてきたのに感謝の気持ちもないのか」と思ってしまいました。

そういう事が重なって結局別れる事になりました。

現在の彼氏とは一年半付き合っていますが、喧嘩をほとんどしません。彼に比べると私は短気なので、些細な事で腹をたてる事もあります。しかし、彼は私がイライラしていても、私を責める事がなく連絡を減らします。そうすると、私も何で怒っていたのか忘れてしまい、私の方から連絡をとってしまいます。

このような事から、相手が怒っている場合は同じくらいイライラしていては何も解決しないものだと思いました。

もし恋人を怒らせてしまい、謝っても許してもらえない時は距離を置いてみるといいと思います。本当にもう関わりたくなかったら連絡はこないかもしれませんが、些細な喧嘩な場合は相手も自分の悪かった部分が見えてくるはずです。相手の方から連絡がきたときは、いつも通りに返信しましょう。どちらか一方が相手に対して何でもしてしまうと、バランスがとれなくなってしまいます。

現在の彼氏と旅行に行くときは、行きたい場所は二人で考えて意見を出し合っています。また、電車やホテルは私が予約をして、観光スポットに行くための交通機関は彼が調べています。こうする事で、「私ばかり頑張っているのに」と思う事がなくなりました。お互いの役割をしっかりと決めると、不満も少なくなります。

恋愛は一緒にいて楽しいのが一番大事だと思います。その為には、お互いが相手を思いやる事が長続きする秘訣だと思います。

スポンサーリンク