【2016年広島カープは優勝する】クライマックス(CS)と日本シリーズを検証

2016年セリーグを優勝したカープ。続いては、クライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズじゃ!

「いつあるの?日程や時間は?どこでやるの?場所は?勝てる可能性は?」

気になりますよね。

先に言っておくと、カープのCSは10月12日より始まります。

広島東洋カープのセリーグ順位表、成績、優勝確率(順位予想)などもご紹介します。

今季の優勝は1991年以来25年振りでした。

また昨年の成績と比べ、2016年のカープはなぜ強いのか?その理由も簡単に分析していきます。

  1. 日本シリーズ
  2. クライマックスシリーズ
  3. 10月のカープの成績
  4. 9月のカープの成績
  5. 8月のカープの成績
  6. 7月のカープの成績
  7. 6月のカープの成績

の順番です。

1.日本シリーズ

随時更新。

2.クライマックスシリーズ

10月8日より、クライマックスシリーズが開始されました

セリーグは巨人対DeNAが戦い、横浜DeNAが勝ち進みました。

そして10月12日からマツダスタジアムでカープとDeNAが優勝をかけて対戦します!

まさか2016年のCSで弱小チームと呼ばれていたカープとDeNAがファイナルステージで対戦するなんて、誰しも想像していなかったことでしょう。

そんなどんでん返しが著しい今季のセリーグ。

2016年のリーグ戦でのカープとDeNAの対戦成績は、

カープ 25戦:13勝12敗

“ほぼ互角!!”

今年のセリーグでの勝率は6割弱あるカープに、DeNAがほぼ互角なんて、意外ですよね。

しかし!

カープのマツダスタジアムでのDeNAとの対戦成績は、7勝5敗と勝ち越しています!

「マツダスタジアムでの勝負所に強い今季のカープを信じましょう!」

そしてクライマックスシリーズの結果は・・・

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%84%aa%e5%8b%9d2016

2016年10月15日。

優勝しましたー!!!!

アドバンテージが1つ付いているので、カープが先に3勝した時点で優勝決定!!

いやー・・・

クライマックスシリーズ優勝も泣きました。

今季のカープは本当に強い!黒田で負けても、次で勝てる!

そういえば、セリーグ優勝の決定が早すぎて、緊張感が緩むという心配も不要でしたね!

最後は、日本シリーズです。

人気だけのセリーグとは言わせない!がんばれカープ!!

3.10月のカープの成績

10月1日時点でのセリーグの順位表です。カープは10月1日の試合をもって今季セリーグの試合数をすべて消化しました。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e5%84%aa%e5%8b%9d2016

カープは先月10日にセリーグ優勝を決めました。優勝時、第2位の巨人とのゲーム差は15だったのに対して、10月1日時点では17.5ゲーム差とさらに差がついています。

“圧倒的差”

優勝後も気が緩まることなく、勝率60%代を維持できました。

セリーグ最終試合は、ヤクルト戦で3対1と勝利で締めることができました。

今季のカープはとにかく得点力の向上が素晴らしく、勝負所で打線が繋がる勝負強さが印象的でした。

今季の総得点数は684とセパ合わせても第1位の成績です。

下の表はセリーグ選手の打率順位表です。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e5%84%aa%e5%8b%9d

トップ3に入っているのはカープとヤクルトの選手だけ!ランクインしているカープの選手の打順は、2番(菊池)、4番(新井)、5番(鈴木)となっており、この中で最も打率が良いのは鈴木誠也選手。2番と4番が出塁して、5番が打てば必ず得点しますね。これがカープの得点力向上の要因であり、5月から新井選手と鈴木選手が化けたのが大きなポイントでした。

一方失点数はというと、セリーグでは最小、セパ合わせると第3位の最少失点数の結果になりました。投手陣もよく踏ん張りました!

4.9月のカープの成績

2016年9月10日カープ優勝時点でのセリーグの順位表です。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e5%84%aa%e5%8b%9d2016

2016年9月10日21時42分。

広島の歴史に嬉しい伝説が生まれました。

『2016年度プロ野球セントラルリーグ カープ優勝』

皆さんはどのようにしてこの瞬間を過ごしましたか?

土曜日ということもあり、東京ドームへ応援に行かれた人もいるでしょう(←羨ましい限りです。)

マツダスタジアムやショッピングモール、飲食店などで、大勢の人たちと優勝の喜びをわかちあった人もいるでしょう。

私みたいにテレビの前で深々と泣きながら感銘を受けた人もいることでしょう。

ほんまに、ほんまに、

「カープ優勝おめでとう!」

「感動をありがとう!」

「よっしゃ!!」

10月8日(土)から始まるクライマックスシリーズに向けて、調整を頑張ってほしいですね。ちなみにカープは1位なので、試合は10月12日(水)からの予定です。

巨人の選手が以下のようなことを言っていたらしく、確かに少し不安になりますが、「私は今季のカープの強さを信じます!」

「早く優勝しすぎると後が大変ですよ。広島は10月半ばのCSまで緊張感のある試合を1カ月以上もやらないことになる。実戦感覚の問題はよく言われるけど、調整が難しいのは毎年CSに出ているウチが一番分かっている。勝敗を問われない期間が長いと、集中力が途切れたり、気持ちの持っていき方が難しい。CSではそのせいで負けたり、苦戦したことがありましたからね」

そして以下、2016年9月20日時点でのセリーグ順位表です。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e5%84%aa%e5%8b%9d2016

第2位との巨人とのゲーム差はなんと”16″!

2015年のカープのデータと比較して、”カープはどこが良くなったのか?”簡単に検証していきたいと思います。

<<2015年9月のカープの成績>>

25戦:13勝12敗 勝率52%

得点数:78、失点数:88

<<2016年9月のカープの成績>>

19戦:13勝6敗 勝率68%

得点数:79、失点数:55

2016年9月の試合数は19と昨年より少ないですが、得点数が昨年と同等の結果となりました。6月~8月の項目を見ていただければ分かりますが、今季のカープは得点力と勝負どころでの勝負強さが凄まじい印象です。今季の逆転勝利は、なんと”45回”もあるそうな。

では。

『カープ優勝おめでとう!』

5.8月のカープの成績

2016年8月27日時点でのセリーグの順位表です。

カープ 優勝 2016

6月と7月は第2位のチームと10ゲーム差近くを継続的にキープしてきましたが、8月半ばには約6ゲーム差までゲーム差が縮みましたね。

しかし!!

現在は再び11ゲーム差までゲーム差を広げています。

私は今年のカープに

“不安はありません!”

8月はサヨナラゲームが多いように、今季のカープには土壇場での勝負強さがあります!

ちなみに過去5年の優勝チームの成績は、

  • 2011年:中日 75勝
  • 2012年:巨人 86勝
  • 2013年:巨人 84勝
  • 2014年:巨人 82勝
  • 2015年:ヤクルト 76勝

残り試合は、23試合。もしこのまま12勝11敗の勝率50%でいっても、”85勝”と過去5年の優勝チームの勝数以上になります。

マジックは14★

優勝の可能性は非常に高いです!!

以下、2015年8月のデータと比べ、今年8月のカープはどう違うのか?検証していきます。

<<2015年8月のカープの成績>>

25戦:13勝12敗 勝率52%

得点数:78、失点数:88

<<2016年8月のカープの成績>>

25戦:17勝8敗 勝率68%

得点数:125、失点数:73

8月の全試合を終え、昨年より勝率が高い結果となりました。その主たる理由は、得点数でしょう。昨年より約62%上回っています。6月と7月のデータを含めても、今季のカープには得点力があると言えます。

またセリーグの打率ランキングで選手が3人もランクインしているのはカープのみです。菊池選手、鈴木選手、新井選手の3名。

カープ優勝

本人たちの調子もそうかもしれませんが、今季から打撃コーチに就任した石井琢朗さんの影響も大きいのではないでしょうか。

8月23日にあった第2位巨人との3連戦。1試合目は負けましたが、残りの2試合を良い勝ち方で終えて、チームの雰囲気や流れも良く、残りの中日戦もサヨナラ勝ちで勝ち越し、勝負所で打線がつながるカープの強さが表れましたね。

6.7月のカープの成績

以下、2016年7月の試合がすべて終了した時点でのセリーグの順位表です。

カープ 優勝 2016

6月の勢いをそのままに7月もカープは”第1位“をキープ!第2位の巨人と”8ゲーム”差をつけています。

先月同様、7月も最大10ゲーム差以上付ける期間もあり、実は広島カープが第2位のチームと10ゲーム差以上つけた年は過去1979年と1980年の2回あって、その2回とも・・・

「優勝しているんです!」

よって、カープ優勝の確率は100%に近いと言えるでしょう!!・・・と思いきや、第2位の巨人は過去に1位と10ゲーム差を付けられた順位をひっくり返した経験があります。

よって優勝確率は80%くらいでしょう。

ちなみに過去5年の優勝チームの成績は、

  • 2011年:中日 75勝
  • 2012年:巨人 86勝
  • 2013年:巨人 84勝
  • 2014年:巨人 82勝
  • 2015年:ヤクルト 76勝

残り試合は、45試合。もしこのまま23勝22敗の勝率約50%でいっても、”81勝”と去年優勝チームのヤクルトの成績を上回ります。

<<去年2015年7月のカープの成績>>

20戦:10勝10敗 勝率50%。

得点数:78、失点数:66

<<今年2016年7月のカープの成績>>

21戦:13勝3敗 勝率62%

得点数:118、失点数:79

2015年7月と比べ、2016年7月は試合数が1つ多いですが、得点数がすごく伸びているのが分かります。約134%も上がり、勝率も6割弱と去年より良い成績です。特に打線の活躍が目立った月でしたね。先月の6月も去年より得点数が上回っているように、今年のカープは得点力が上がったように感じられます。特に新井さんの調子良い!

今後も随時更新していきます。

楽しみにしていてください♪

7.6月のカープの成績

以下、6月の試合すべて終了した時点でのセリーグ順位表です。

カープ 優勝 2016

広島東洋カープは2位の読売巨人と9ゲーム差をつけて、なんと“第1位”!しかも22年ぶりの10連勝達成です!!

12連勝すれば32年前の球団記録と同じ記録に並ぶのですが、連勝記録は”11″でストップしてしまいました。

「それでもすごい!今年のカープは違う!カープはこのまま優勝するんじゃないか!?」

と思う程、今年のカープは内容の良い勝ち方が多いのが特徴です。

<<2015年6月の成績>>

『19戦:9勝9敗1分 勝率47%』

得点数は76、失点数は72。

<<2016年6月の成績>>

『23戦:16勝7敗 勝率70%』

得点数は86、失点数は70。

比較検証

6月のみのデータからですが、去年の6月よりも勝ち数、勝率共に上回っています。

また2016年のカープは、

  • 2015年6月:得点数1試合平均4点、失点数1試合平均3.8点
  • 2016年6月:得点数1試合平均3.7点、失点数1試合平均3点

“得点数は減ったものの、失点数が減った”

という結果もわかりますね。

少ない得点での僅差の勝利という結果が多いのも特徴です。

どたんば(勝負どころ)での強さをこのまま維持してほしいものです。

このまま残り試合33勝33敗の勝率50%で行けば、去年優勝チームのヤクルトの成績を上回ります。

  • 2011年:中日 75勝
  • 2012年:巨人 86勝
  • 2013年:巨人 84勝
  • 2014年:巨人 82勝
  • 2015年:ヤクルト 76勝

6月時点で、優勝する確率は69%!?

今後も頻繁に8月の成績を集計、分析していきますので、お楽しみに!

では。

【日本シリーズカープ優勝セール最新情報2016】どこの百貨店がやっとるん!?

2016.10.29

【カープ優勝の瞬間】本通り、ショッピングモール、広島駅でお祭り騒ぎ

2016.09.10

【広島カープの優勝パレードはいつ、どこでやる?】場所と日程2016

2016.08.28

【広島東洋カープが好きな芸能人】応援歌と共にカープファン,カープ女子は誰?

2016.05.16

 

スポンサーリンク