久しぶりの運転で怖い!ペーパードライバーが気を付けるべき注意点

「いきなり運転で怖い!」

ここでは10年間ペーパードライバーだった私が車を購入し、50,000km運転してみて分かった、

「運転下手の初心者が事故らず安全に運転するための注意点」

を紹介します。

①教習所で習った駐車のやり方は難しい!

教習所では上の図にあるように、車のハンドルを目一杯回して、一発で駐車を完了させるやり方を教えてくれます。

しかしこのやり方は、ハンドルを目一杯切った時、車がどの軌道でバックするのか分かっている人向けの方法なので難しいです。そのため、それが分かっていない運転初心者にとっては、バックの軌道が読みづらいうえに、ミラーで車の進行先が確認しづらいのです。

その結果、”上手く入らない…”ことが多くなり、車を立て直し(バックを止め、一旦前に出ること)、もう一度バックを試みないといけません。

一番簡単な駐車のやり方は、『はじめからもう一度バックする位置してしまう方法』=車の頭をまず駐車スペースの反対側に振る方法です。

以下の動画がすごく分かりやすいです↓

この方法で駐車すると、ハンドルを左右に微調整しながら駐車できます。さらにバックする角度がゆるやかなため、バックの軌道が読みやすく、ミラーでも進行先を確認しやすくなります。

②ミラー(バックミラーとサイドミラー)は後ろの車の位置を確認するだけでなく、車の移動速度も確認するもの

私は当初ミラーで、車の位置しか確認していませんでした。その結果、右レーンに車線変更しようとした時、後ろから来たタクシーに「プー」っと鳴らされて、接触してしまいそうになったことがあります。

車は常に移動しています。そのため私がタクシーをミラーで確認した位置と、実際に右レーンに車線変更する時の位置は異なります。

だからこそ、

  • ミラーで車の位置を確認するだけでなく、車の移動速度も把握する
  • 車線変更する時はサイドミラーをチラチラ見ながら移動を開始する

ことが大切です。

しかし運転初心者にとって、ミラーで後ろの車の位置と移動速度を1秒もしない秒間で見極めるのは難しいですよね。

そのため、『チラチラと何度も確認して、把握することが大切です』。たった一回で車の位置と移動速度を把握しようとせず、前方とミラーを交互に何度もチラチラと確認すると良いということです。

③油断は禁物!車線変更する際は、サイドミラーを必ず確認

右レーンに車線変更する時は右のサイドミラーを確認し、左レーンに車線変更する時は左のサイドミラーを確認する。

当たり前のことですよね。

しかし私は高速道路で、右レーンに車線変更する際、

「バックミラーで頻繁に後ろの車を確認していたし、今日は空いているから右レーンに車はいないだろう」

と思い込み、右レーンに車線変更しようとウインカーを点滅させようとした時、ハッと車の存在を感じ取り、車線変更を中止したことがあります。

※車のバックミラーは、真後ろの車以外にも、右レーンや左レーンを走っている車も確認できます(ある程度離れた車ですが)。

私は運転に慣れたことと、数秒前にミラーで確認したという自信から、右レーンには車がいないだろうと軽視していました。しかしスピードを出している車は危うし!

車を運転する際は、”~だろう”は厳禁です!

車線変更する前は必ずサイドミラーを確認して、車線変更を開始するようにしましょう。車線変更は3秒前にウインカーを出し、ゆっくりハンドルを切って車線を移動するのが基本です。

以上のことは高速だけでなく、一般道でもあり得ることで、スピードを出した車・バイク・自転車は、想像以上に距離を縮めてくるのが早いのでご注意を。

④ブレーキは思った以上に遅れる

ブレーキは思った以上に遅れるというのは、ブレーキを掛けても車はすぐに停車しないという意味です。ブレーキが遅れれば、ブレーキを強く踏むことになり、急ブレーキになって、前につんのめってしまいます。

そのため、

“前方の車に近つぎすぎてはダメ!”

“曲がり角に差し掛かる時はスピードを十分に落とす!”

”前の車がブレーキを掛けたら、たとえ前の車と十分なスペースがあっても、足をブレーキペダルの位置に置いておく”

ブレーキの踏み始めをゲーム感覚でやると、急ブレーキになってしまいます。

十分に車間距離を取り、余裕を持ってブレーキを踏み始めるようにして、スムーズに減速しましょう。

※右折・左折時、カーブで十分にスピードを落とさず曲がると想像以上に膨らんでしまいます。また右折時や左折時に膨らむと、車のフロントが対向車線にはみ出すこともあるので注意しましょう。

※初心者はブレーキを踏みすぎると言われますが、私は運転に慣れるまでは安全のためブレーキを踏みまくって良いと思います(初心者マークを付けていればなお良し)。

交通の流れが読めるようになると、自然とブレーキを踏む回数は減ってきます。初心者マークを付けていれば、周りの車も車間距離を空けて、注意しながら走行してくれるので大丈夫です。

交通の流れは前方の車だけでなく、2つ以上前方の車、右レーンや左レーンの車の動きで、ブレーキを掛けるタイミングやスピードを出して良いタイミングなどが分かってきます。

⑤混雑時、車線変更する際は、前の車の後輪に付けるように入る

渋滞時に、すぐに車線変更をしないといけない場合、

  1. ウインカーを出して、
  2. 入れるスペースを見つけ、
  3. 車線変更レーンにいる前方車の後輪に付けるようにして入ると、

スムーズに入れます。

もちろん!!すぐに車線変更をする必要がない人は、十分なスペースが空くまで待つこと、もしくは優しい車が譲ってくれるまで待ち、焦らず車線変更することが重要です。しかし、今すぐ車線変更をしないといけない!という人は、”入れるかな?”という少しのスペースを見つけた時に車線変更レーンの前方にいる車の後輪に付けるようにして入るとスムーズに入れます。スピードは車線変更レーンの車の速度より、少しだけ遅くても大丈夫です。

※もちろん!!本当に前方の車の後輪に当ててはダメですよ!もし前方の車と当たりそうなほどギリギリを攻めてしまったのであれば、アクセルを離し、車線変更レーンの前方車との距離が空くまで待機しましょう。運転初心者は、当てるような気持ちで入れば、ちょうど良い角度とタイミングで車線変更ができるということです。

以下の動画が分かりやすいです↓

⑥バックをする時は低い物に注意!

私・・・さっそく新車をこすってしまいました(T-T)

バックで駐車場から出る時、右方向にバックをしていました。すると、”ガリガリ”と左のフロントが・・・、

『低いレンガに当たってしまったのです!』

運転初心者でもバックをする時、車の後方だけでなく、前方も注意するかと思います。

しかし目視できない低い物もあるので、注意が必要です!

教習所で習った「バックをする前は、車の周辺に物や人がいないか、ちゃんとチェックする」とはこのようなことのためだったのか!と痛感させられました。

バックモニターが付いている車であれば、後方は低い物でもモニター画面でチェックできますが、前方の低い物は目視できません。

バックを開始する前に、車周辺に低い物や突起物がないか、確認しましょう。

⑦事故動画を見る

事故が発生する原因の多くは、”イレギュラー”によるものです。

「あの車は一時停止するはずだ」⇒一時停止せずに突っ込んで来た。

「前方の車はこんな所でブレーキ踏むはずはない」⇒ブレーキを踏む場所ではないと思った所で、いきなりブレーキを踏まれ追突事故。

「隣のレーンを走っている車は車線変更しないはずだ」⇒と思いスピードを上げたら、その車が入ってきて衝突。

等、自分が常識だと思っていたこと以外のことが発生した場合に、事故は起こります。

そのためイレギュラーなことを知っておくのも、事故防止に繋がります。

youtubeに事故場面を集めた動画があるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

その他にも、自分が苦手かもと思う場面があれば、Youtubeにアドバイス動画がたくさんアップされているので、チェックしてみると良いです。

最後に!焦りと油断は禁物です。

後ろの車が煽り気味でも、気にせず安全運転を心がけましょう。そして運転時には他のことを考えず、運転に集中しましょう。

以下、私以外にもペーパードイラバーだった女性の口コミをご紹介します。

ペーパードイラバーが2週間で車の運転を克服

5年間ペーパードライバー、運転なんて私には無理・・・と決めつけていた私がたった二週間で運転をマスターしたおすすめの方法をご紹介します。

実際にこんな風に練習したら上達したよ、という全くの初心者目線で気を付けておきたいこと、義父に教わったポイントをまとめていきます。これからペーパードライバーを卒業したい、と思っている皆さんの少しでも参考になれば幸いです。

運転をしようと思った「きっかけ」

まずは5年間ペーパードライバーだった私が、また運転を始めようと思った「きっかけ」についてお話したいと思います。

私が運転を始めたきっかけは、義父との同居にありました。

今から数年前、当時私は第二子を妊娠中で六か月になろうとしていました。出産まで時間もなく、運転できないストレスと出産を間近に控え焦る気持ちでいっぱいでした。子供が2人になったら運転できないと大変だよ、とママ共からも言われていました。

そしてそれと同時に同居する義父に万が一何かあった場合に、私が動けないと看病もできないと思ったからです。

以前から主人にも運転するように言われていました。しかし留学先の韓国で免許を取得したため、日本とは真逆の右側通行、左ハンドルに慣れてしまい、とてもとても怖くて日本で練習しようとは思えなかったのです。

それでも韓国で免許を取得した理由は、単純に講習手数料が安かったからです。

当時、日本円で5万ほどで取得できたのでとにかく免許を取ってから帰国しようと思っていました。しかし、いざ帰国し国際免許から日本の免許に変えてみると運転が怖くなってしまい、そこから5年間ペーパードライバーになってしまったのです。

もうほとんど、ルールも覚えていない、標識の意味も分からない全くのゼロ状態からのスタートでした。

教習所に行かずに運転できるようになった理由!

そんな私が、教習所に行かずに運転できるようになったのは、義父が教えてくれたからなのです。

「えーなんだ、結局自力で練習してないじゃん!」と思われた方もいるかもしれません。

確かに、自力で練習した時間はとても少ないのですが、実際にどんな練習方法を行い、どのくらいの時間を使ってマスターしたのか、参考にして頂ければと思います。

もし、これからペーパードライバーを卒業したいと思っている皆さんは、旦那さんや奥さんなど実際に運転できる方に隣に座ってもらい、私のように教えてもらう方法が一番早くておすすめです。

本来は同居する前に運転をマスターしたいと思っていた私でした。しかし思ったよりも悪阻が長引き、同居前までに運転をできるようにするという目標は難しくなりました。

そんな私に義父が気を遣って教えてあげるよ、と言ってくれたのです。教習所に通うつもりだった私は、1時間あたり5400円で教えてくれる地元の教習所を受講しようと思っていました。また当時上の子が幼稚園の年中さんでしたので、預けられる無料のキッズルームが完備しているところを探していました。

もし私のように主婦の方でお子さんがいる場合は、教習所で練習している間、子供をみてくれるサービスがあるか確認しておくと安心ですね。

地域によっては、入校金やその他送迎にかかるお金が必要な場合もあります。こちらは、お近くの教習所の公式HPなどでチェックしておきましょう。最初の一回か二回は、教習所で受けて自信をつけるという方法もおすすめです。

具体的な練習方法

 

それでは実際に私が義父に教えてもらった具体的な練習方法と、家に帰ってから一人で練習した方法についてご紹介致します。

ちなみ義父に教えてもらった期間は、全部で10日ほどでした。一回の練習時間は40~50分、仕事と家事の合間に練習していました。それでも一人で公道に出て運転できるようになるまで二週間もかかりませんでした。残りの4日間は一人で運転し、ひたすら注意されたことを何度も何度も繰り返しました。

運転練習初日~これなら行けるかも!?~

初日の練習は、人がない広い駐車場まで連れて行ってもらいました。そして運転の前に、最も基本となる

  • シートベルトの付け方
  • エンジンの掛け方
  • ミラー調節の仕方
  • エンジン、アクセルの違い

をもう一度、確認し運転練習が始まりました。

5年も経っていると、エンジンの掛け方、鍵のさし方さえも忘れてしまっている自分に驚きでした。さらに、「アクセルはどっちだったっけ?あれ、、」という状況で完全に焦ってしまいました。

でも基本を抑えておかないと、万が一事故に遭ったら大変なので、ここは念入りにチェックしておくべきだなと思いました。もし私のようにすっかり忘れてしまった方は、是非基本から復習しておきましょう。

『いよいよ運転練習スタート!』

そして、基本の確認が終わると助手席でなく運転席に座っての運転練習が始まりました。

お尻をしっかり付けて座席に座り、ハンドルの位置とアクセルまでの足の感覚を確認し、シートベルトを付け、ミラーを確認したらいざ運転スタートです。

アクセルを踏むと勢いよく進み始めました。隣に座っている義父から、もう少しスピードを落とすように言われました。最初は、100mくらいの距離をまっすぐに進んでまた戻ってくる、という練習をしました。自分が運転する車がちゃんと動いている、という不思議な感覚にとてもドキドキしながら、慎重に慎重に運転を続けました。

周りは誰もいない広々とした駐車場だったので、万が一スピードを出し過ぎても大丈夫、という安心感でなんとか練習を続けることできました。

練習する際は場所を選ぶ、というのは私のようなペーパードライバーにとってとても大切なことだな思いました。今から練習をされる方は、とにかく安心して運転できる場所、時間帯をよく選ぶことをおすすめします。

5年ぶりの運転で緊張しまくりの私でしたが、何とか感覚を取り戻し「これならいけるかも!」と思い期待に胸を膨らませながら、無事に一日目の練習を終えるのでした。

実は、これがとっても大切です。一日目の練習で怖い、と思ってしまうと次に進めません。初日の練習はまっすぐに進んでUターンして帰ってくるだけ、基本の動作を学ぶだけ、といったように簡単な練習に留めておきましょう。二日目以降も頑張ろうと思えるように少し自信をつけること、頑張ったご褒美にコンビニでアイスを買って帰ってもいいですね。

Point①:「これならいけそう!」と前向きな気持ちで終えることが大事!

2日目~右折、左折、カーブの練習~

そして二日目の運転練習では、右折と左折、カーブの練習をしました。

実際に道路に出て運転するので、他の車にぶつかったらどうしよう、スピードは出し過ぎていないかとても心配でした。

でもまずはやってみないと感覚はつかめない、と義父から言われたのでとりあえず実践あるのみ!という気持ちで始めました。私が練習した場所は、海沿いにある大きな駐車場でした。道路といっても公園に続くほとんど車通りの少ない場所だったせいか、私たち以外には数台しか通りませんでした。焦らずに落ち着いて練習できる環境は精神的にとても大切だと思います。

そして実際に運転してみると右折はそれほど難しくないのですが、左折に苦戦しました。ミラーの角度をしっかり調整しておかないと、カーブする時に障害物が見えないのです。あとは何度も練習することで、感覚を掴むしかないなと思いました。

家に帰ってからは丸いお盆を持って、カーブするイメージをしながひたすら曲がる練習をしていました。

Point②:左折時にぶつけないように、ミラーの角度をしっかり調整しておくこと。

3日目~初めての駐車練習~

そして三日目で、初めて駐車練習をしました。

しかし、いざ練習を始めてみると思っていたよりもずっと難しかったのです。どんなに頑張っても

  • 白線からはみ出してしまう
  • バッグして止めても曲がってしまう
  • どんなタイミングで右(左)にきったらいいか分からない

こんな状況でした。

初めての駐車練習に汗だくになりながら、この日の練習は終わりを迎えました。

義父曰く、初日はこんなもんだから大丈夫、だそうですが私は頭の中がパンクしそうでした。あまり悩んでいても仕方ないので、出来なくて当然だと割り切ることも大事だなと思いました。

Point③:初めての駐車練習は右も左も分からなくて当然。割り切ることが大事!

4~8日目 ~駐車に苦戦!ハンドルを逆にきってしまう~

運転練習4日目、駐車に苦戦した私は練習に向かう途中でもう逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。今、振り返ってみるとこの4~8日までの数日間が一番辛かったように思います。終わりの見えない真っ暗で長い長いトンネルをくぐっているような気持ちでした。

どうしても、ハンドルをきるタイミングが分らない私でした。

右にきらないといけないのに、左にきってしまう、左にきってみたけどこんどは白線からはみ出してしまうのです。

何度やっても全く、線の中に収めることができる見かねた義父が黄色と赤いコーンを買ってきてくれました。

駐車したい場所の角にコーンを置いて、目印にして練習します。すると不思議なことに目印があるためか、少しずつ白線内にとめられるようになりました。

あとは、家に帰ってから息子の玩具の車にのってハンドルをきる練習をしました。実際の車の運転とは違うので頭の中でイメージしながら練習する、この繰り返しをしました。

Point④:駐車練習が一番時間がかかる!1週間~10日はかかると覚悟しよう

9日目~お店→駐車→自宅まで~

そして9日目が過ぎたあたりから、少しずつ駐車できるようになりました。

この日は、義父に助手席に座ってもらい私がいつもの駐車練習をしている場所まで運転していきました。そして、なんとか練習を終えて自宅の駐車場に停めて帰ってきました。

自宅を出発してから、家に帰るまで緊張しすぎて手汗をかいていたことを今でもはっきり覚えています。

自宅を出てから、家に帰りつくまで様々な注意を受けました。

  • 信号の見方(赤、黄、青)
  • 右折、左折する時に周囲をしっかり確認する
  • 歩行者がいないか、周りをよくみる
  • 目先だけを見るのではなく、100m先をしっかりみておく
  • 「~かもしれない」運転を心掛ける

道路を走っていると、ウィンカーをつけて道路の端に停めている車もあります。その車に乗っている運転手がいきなり、ドアをあけてくるかもしれないので、停まっている車の近くを走る時は徐行して進むことが大切だと教わりました。

他にもいきなり歩行者が出てくるかもしれない、前の車がいきなり停まるかもしれない、といった予測しながら運転することが大切だと言われました。

Point⑤:「~かもしれない」運転を意識すること!

10日目~義父から試験を受ける~

そして10日目。この日は、近くにあるマクドナルドまで私が運転して帰ってくる、という試験でした。助手席に座る義父は、危険がある時だけ注意するけどあとはいないものだと思って運転してみてください、と言われました。

緊張しながらもシートベルトを締め、エンジンをかける私でした。今まで教えてもらったポイントやお盆で練習したこと、イメージトレーニングをした成果を発揮しようと、心を落ち着かせて運転しました。

途中で道を間違えてしまい、焦りましたがなんとか駐車も白線内に収め、無事に帰宅しました。横で見ていた義父から一言、「今日の運転は85点ですね。運転10日目にしては上出来でしょう。」と言われました。

あとの15点のマイナス評価の原因を聞いてみると、

  • 中央線に寄りすぎている
  • 左を見ていない
  • ブレーキを掛けるタイミングが少し遅い
  • 駐車する時に中央に収まっていない

という点がマイナス要因だったようです。頑張った割りにあまり良い点を貰えなかったので、私は後日自主練をすることにしました。義父との練習はここまでで終わりました。

Point:まず一人で運転してみること、そして何が悪かったのか評価を貰うことで次の練習に繋げよう

11~14日目~一人練習!時にはアプリを使いながら~

11~14日目までの練習は、幼稚園まで息子を送り迎えをすることにしました。これなら面倒だからといった休むことも出来ないからです。一人でもサボらない工夫をしました。幼稚園までは車で3分という短い距離でしたが、運転する感覚を身に着けるには丁度良い距離でした。

そして義父に言われたマイナス15点分の評価を意識しながら、練習に励みました。時には、運転練習できるスマホアプリをダウンロードして練習したり、動画で「右折の仕方、左折の仕方」を検索して練習しました。

そして一人で4日間の練習を終え、幼稚園までの送り迎え、近くのスーパーまで買い物にも行けるようになりました。

以上、約二週間で一人で運転できるようになった私の運転練習方法をご紹介しました。

もしこれからペーパードライバーを卒業したい、と思っている皆さんは私のように隣に運転できる方に座ってもらい、短い時間でもいいので是非集中して、徐々にレベルアップしていく練習法をお勧めします。どうしても心配な方は、地元の教習所で数回受講して自信を付けていく、という方法でもいいですね。

是非、運転をマスターしていつでも好きな時に行きたい場所にお出掛けできる私を目指していきましょう。

スポンサーリンク